テーマ:恋愛

モノクロ映画の 想像力

今、WOWWOWで D.H.ロレンス原作(1960年制作)の『息子と恋人』を観た。 原作は原文で大学時代に読んだ。その時は、正直言ってよく理解できていなかった。 その後、何年か経って、再び読んだ。 登場人物、それぞれの苦悩や喜びが少し理解できたと感じた。 ロレンスの文章は想像力が必要。それもかなり、相当、恐らく実体験を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野博 欠乏症  追記あり

人間の体って正直です。 魅惑的なもの・・・例えば糖分。これが欠乏すると車で言うガス欠状態。 脳の働きの源、エネルギー源である糖分が不足すると、脳の働きが悪くなる。 やる気がおこらなかったり、倦怠感やイライラ、めまいやふらつきまであるそうです。 長野博くん!そろそろ画面に出てくれないと、上記のような症状が出始めそうで怖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い蛾が ロマンティック?

朝、玄関のドアを閉めた。鍵をかける・・目の前に・・・わーっ!大きな白い蛾。 ペッタリ張り付いてんの。 何が嫌いって、蛾ほど気色の悪いものは無い。 払いのける勇気が無い。 向かってきそうだし・・。どうしよう。。。。。 夕方帰るまでにどこかへ行ってしまえ!と念じて家を出た。 白い蛾は、限りないものへのあこがれ。ロマンティシズム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな悲恋に憧れる 宮廷風恋愛

『トリスタンとイゾルデ』、いよいよ今月映画公開されますね。 ケルト神話・妖精伝説・アーサー王物語・・・と聞いただけでワクワクします。 今回の映画は、ジョゼフ・ベディエ編集のテクストではないかな、と。 翻訳本は『トリスタン・イズー物語』(岩波文庫)  破滅の愛、美しい愛と死、至高の愛・・・すごい形容詞ばかり。 宮廷風恋愛・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more